目の下のたるみは手術で解消できるのです|ラクラク除去で綺麗な目元

先生

眼窩脂肪の除去

フェイス

靭帯の衰えが原因

目の下にたるみができるのは、眼球が下がってくることが原因のひとつとされています。そして眼球が下がる原因は、眼球を支えている靭帯の劣化にあります。靭帯が劣化することで眼球が支えを失って下がると、眼球の下にある眼窩脂肪が押しつぶされます。それが下まぶたを内部から押し出すため、目の下がたるんで見えるようになるのです。これを防ぐためには、日頃から顔のストレッチなどにより、表情筋を鍛えておくことが肝心です。しかし鍛えていても、靭帯は加齢の影響で少しずつ衰えていくこともあります。ところが手術によって眼窩脂肪の一部を除去すれば、靭帯が衰えても、眼球の重みで眼窩脂肪が押しつぶされることはなくなります。それにより、目の下のたるみも生じなくなるのです。

3ヶ所から除去

眼窩脂肪は、眼球の下に3ヶ所に分かれて存在しています。そのためそれを除去する手術は、1ヶ所だけでなく、通常は3ヶ所全てにおいておこなわれます。仮にそのうちの1ヶ所でしか手術をおこなわなかったとすると、残る2ヶ所の眼窩脂肪が押しつぶされ、それにより目の下で、アンバランスなたるみが生じる可能性があります。しかし3ヶ所全ての眼窩脂肪を除去すれば、下まぶたは全体的にすっきりとした形になるのです。また、下まぶたを数ミリ程度切開するだけなので、手術中の出血量は少ないです。レーザーで切開する場合には、レーザーに止血効果があるので、ほとんど出血しません。出血量が少ない分、手術後の腫れも少なく、翌日には軽くすすぐ程度の洗顔や、低刺激な化粧品でのメイクやスキンケアが可能になります。つまり日常生活にほとんど支障をきたすことなく、目の下のたるみを除去できるわけです。

レディエッサ法

レディー

レディエッサ法は、骨を形成する成分を使って目の下のたるみを治療する手術です。この治療法は肌を若返らせる効果を持っています。また、メリットは多いです。持続性の長いこと、ダウンタイムの短いことなどがあります。

View Detail...

マイナス5歳の肌

顔の手入れ

目の下のたるみを手術で完治させるには、自分のたるみの種類に合った方法を選ぶ工夫が大切です。知っておきたいのは、手術にかかる費用がその方法によって大きく異なるということです。経済的に圧迫することなく受けるためにも知っておくと良いです。

View Detail...

目元は顔の印象を決めます

スキンケア

目の下のたるみは、美容外科手術によって解消することができます。それによって、ハリのある目元を取り戻すことができます。目の下のたるみは、日々のスキンケアによって予防が可能です。また、軽度のたるみは注射による施術のみで改善を図ることができます。

View Detail...